エスクロー開設


売手と買手の双方が同意し売買契約に署名した時点で、契約が成立します。ここでエスクロー会社に成立した売買契約書と手付金を送り、エスクローを開設します。

エスクローは売主と買主の間において中立の立場で、不動産取引に必要な業務と金銭の管理を公平に取り扱います。

エスクロー開設後は金銭の全てはエスクローの口座に入金します

エスクロー開設から決済、登記までの順序


それぞれのエスクローの内容は異なりますので、ここでは基本的な説明だけさせて頂きます

1
 
売主、買主双方が署名した契約書、手付金を受け取る
2
 
目的不動産の権限調査を依頼する
3
 
目的不動産の抵当権の残高を銀行から確認する
4
 
弁護士に権利書とその他の書類の作成を依頼する
5
 
売主、買主の支払い(抵当債務支払い、固定資産税、管理費、電熱費、不動産業者やエスクローの手数料、その他の支払い)明細を作成する。
6
 
売主、買主が必要義務を全て終了したかどうかの確認
7
 
権利書を売主、買主に送付する
8
 
売主、買主から署名した権利証書を受け取り、購入価格の残高を買主から受け取る
9
 
決済、登記する
10
 
購入金額から売主の抵当債務、その他の必要経費の支払いを終了、残金を売主に支払う
 


Comments are closed.