欲しい物件にオファーを入れる


購入申し込み(オファー)を書く上でのポイント

購入契約書には必ず手付金を付けます。
銀行の融資担当者から書いてもらった、この金額の融資はおそらく取れるでしょう、というprequalification letterを付けます。これにより経済的に安定したバイヤーという証明をします。 

手付金は購入金額により異なり、幾らという決まりはありません。30万ドル位なら1000ドルで十分でしょう。100万ドル以上の物件を購入する方は、1万ドル位は付けて下さい。手付金の金額が高いと、売主は買主がそれだけ真剣だという事で好意的に取ります。

では幾らでオファーを入れたら良いでしょうか? これは物件次第です。ある物件は魅力的で、自分の好みにピッタリで、直ぐに買い手が付きそう。どうしても欲しかったら、後で後悔しない申し込みをします。その物件がどの様に人に評価されるか、を良く見極めて価格を決めます。

契約書には購入希望価格、支払方法(現金か、ローンか)権利書所有名義、その他の条件を明記します。
売主が買主のオファーに同意して署名をすると売買契約の成立となります。
または買主の申し込み条件が、売主の要求〔価格が低すぎるとか)と全く欠け外れている場合は単に拒否をします。
たいていはカウンターと言って、売主の売る条件を明記して、買主と交渉をします。お互いに納得するまで何回か交渉をする事も良くあります。
お互いが同意して署名した時点で契約が成立となります。







Comments are closed.